マインドフルネスは過食症の治療に何をもたらすか
過食(むちゃ食い)や過食嘔吐の引き金になるのは
アルコールや薬物使用と同じように、
怒りや不安、抑うつ、人間関係における衝突など
強烈な否定的感情を体験したときであり
多くの人がその場の対処法として薬物使用に強烈な肯定的期待感(渇望)をもつのである。
物質使用者は、怒りを感じるときや、物質使用者との付き合いや仲間から否定されることへの恐怖に直面する、といったストレスの多い状況に直面すると、精神的な支えとして嗜癖行動に頼る以外の方法がないと考えるようになる。

マインドフルネスに基づく嗜癖行動の再発予防』日本評論社
リリラプス・プリベンション(再発予防)でも対人関係療法と同じく
飲酒の発端となったものは何か。
患者が最初に「ついつい酒に手を出してしまった」その日、何が起きたのか。
引き金となった状況に関する情報が得られれば、再発を防ぐために新しい対処スキルを患者に獲得させ、その訓練ができるのではないか。

マインドフルネスに基づく嗜癖行動の再発予防』日本評論社
を見ていき、「新しい対処スキル」を身につけて
脅威と感じられた自己効力感をエンパワーすることを目標にしています。

全文はこちら右 マインドフルネスは過食症の治療に何をもたらすか

| http://www.ipt-clinic.com/blog/index.php?e=270 |
| 摂食障害 | 04:36 AM | comments (x) | trackback (0) |
過食症や過食性障害からの回復の道のり2
過食や過食嘔吐からの回復には
○ 自己受容
○ 人生に価値や目的をもつ
○ 価値や目的に沿った行動ができる
という「自己志向性」を高めること(自己の次元の成長)と
○ 他者受容
○ 共感・協力
という「協調性」を高めること(社会の次元の成長)の2つが
必要不可欠です。
同時にこの2つは不安定型愛着を獲得安定型の愛着に修正していくときも
必要なプロセスになります。

そのために「なりたい自分像」を明確にして
「変化の動機づけと原動力(秘訣1)」を使って
目的と価値にそった行動ができるようになるために
「自分との関係を改善(調和)すること(秘訣2=自己受容)」が
過食症や過食性障害からの回復の最初のステップになります。

全文はこちら右 過食症や過食性障害からの回復の道のり2

| http://www.ipt-clinic.com/blog/index.php?e=268 |
| 摂食障害 | 05:58 AM | comments (x) | trackback (0) |
過食症や過食性障害からの回復の道のり1
過食や過食嘔吐からの回復には
クロニンジャーの「自己志向性」と「協調性」の両方を高めることが
治療につながるとされています。
(『過食症の「自己批判」と回復に必要な「自己受容」』参照)

20回未満の対人関係療法で回復した患者さんから話を聞くと
「回復のきっかけは、「なりたい自分」という目標を見いだしたから」と
話してくださることがすごく多いのです。

どんな自分になりたいか?は『8つの秘訣』の
「秘訣1 回復への動機、忍耐、そして希望」に

今の状態を変えたとしたら、どんな将来が待っているでしょう。
なぜ、回復したいのでしょうか。
最終的には、あなたは、食べ物を生活の中のどんなところに位置づけたいのでしょうか。

などがありますし、「秘訣8 人生の意味と目的を見つける」にも
「回復したある日」という練習があるように
なりたい自分に向かって人生の舵をきることは
変化の動機づけと原動力になりますよね。

全文はこちら右 過食症や過食性障害からの回復の道のり1

| http://www.ipt-clinic.com/blog/index.php?e=267 |
| 摂食障害 | 05:31 AM | comments (x) | trackback (0) |
過食や過食嘔吐の混乱と迷妄から回復する
生きていくうえで誰しも感じる苦痛から気をそらすことで、
あるいは気そらしの方略である食行動にしがみつくことで
強迫的で嗜癖的なパターンが生み出されます。
そのパターンが繰り返されることで、
摂食障害の行動と自分を同一視してしまうようになります。

何が起きるかわからない世界の中での当てになるもの、
たとえば、冷蔵庫をあければいつも食べ物があるということで
かりそめの安心感と満足感を感じることができ、
当てになるのは、自分の食行動だけになってしまうのです。

そして「自分は摂食障害だ」「私は過食症だ」と
病気や症状がアイデンティティとして確立してしまうと
「わたし」と「わたし以外(健康な人)」が対立してしまいます。

三田こころの健康クリニックでの対人関係療法の導入時に説明する
病気の3つの策略のうち「人と比べる」ということですよね。

全文はこちら右 過食や過食嘔吐の混乱と迷妄から回復する

| http://www.ipt-clinic.com/blog/index.php?e=266 |
| 摂食障害 | 07:05 AM | comments (x) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑

>三田こころの健康クリニック - 摂食障害(過食症・拒食症)の治療 /・対人関係療法 / 心療内科クリニック / 東京港区
■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2016年12月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■