摂食障害の「本当の問題」は?
もし、ある患者さんが、太っていれば男性から執拗に言い寄られることもないから無茶食いを始めた、と気がついたとしましょう。
この場合、彼女は体重という「問題」を解決する前に、嫌なことははっきりと嫌と伝える、自己主張のスキルを身に付けなければなりません。
また別の女性が、争いごとに直面したときに感じる精神的な緊張を解くために過食嘔吐をしていた、と気づいたとしましょう。
この場合はまず、争いごとを解決するスキルを学ばなければなりません。
そしてダイエットに異常に執着するのは、アルコール依存でうっとうしい母親に対応するためだったと気づいた女性は、人間関係の中で境界線を引くスキルを学ばなければならないのです。
ジョンストン『摂食障害の謎を解き明かす素敵な物語』星和書店

ここに例としてあげられている
自己主張のスキル、問題解決スキル、境界線のスキルなど
学ぶ必要のあるライフスキルを身につけるために最適なのが
対人関係療法による治療ですよね。

全文はこちら右 摂食障害の「本当の問題」は?

| http://www.ipt-clinic.com/blog/index.php?e=292 |
| 摂食障害 | 08:45 AM | comments (x) | trackback (0) |
http://www.ipt-clinic.com/blog/tb.php/292
PAGE TOP ↑

>三田こころの健康クリニック - 摂食障害(過食症・拒食症)の治療 /・対人関係療法 / 心療内科クリニック / 東京港区
■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<前月 2019年04月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■