摂食障害の部分と健康な部分の対話
摂食障害症状はストレスを表すものといわれますが
ストレスは外的出来事とそれをどうとらえたか?の総和です。

摂食障害の人も健康な人もライフイベントの数には違いがないものの、
摂食障害の人は日常的な出来事をストレスだと感じやすいこともわかっています。
つまり、摂食障害の人はとらえ方・理解の仕方が
自己批判的・ネガティブに偏りやすいということですよね。

ところがもう一つ、摂食障害の人たちは
「何もすることがない時に過食や過食嘔吐のスイッチが入りやすい」
ということは、皆さん体験済みですよね。

全文はこちら右 摂食障害の部分と健康な部分の対話

| http://www.ipt-clinic.com/blog/index.php?e=289 |
| 摂食障害 | 05:59 AM | comments (x) | trackback (0) |
http://www.ipt-clinic.com/blog/tb.php/289
PAGE TOP ↑

>三田こころの健康クリニック - 摂食障害(過食症・拒食症)の治療 /・対人関係療法 / 心療内科クリニック / 東京港区
■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<前月 2019年04月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■