気分解消行動としての過食〜体験の回避
過食症やむちゃ食い障害などの摂食障害は
外見の美しさや体重に関する社会文化的な俗説にとらわれ
自分が理想と感じる容姿の獲得を求めて
無益な体重コントロールにのめり込むことで発症する
ことが明らかにされています。

過食症やむちゃ食い障害を発症する人だけでなく
排出性障害(自己誘発嘔吐から発症する人)も
食欲の刺激に対し無感覚を示すなど内受容感覚への気づきの困難を抱えており、
内的な不快感を調整するために食行動や体重コントロールを利用する
ということもわかってきました。

しかし食行動障害または摂食障害が発症してからの年月や
問題のある食行動の頻度は変わらないのに
治りやすい人と治りにくい人の差は何か?についての研究はほどんどないのです。

全文はこちら右 気分解消行動としての過食〜体験の回避

| http://www.ipt-clinic.com/blog/index.php?e=276 |
| 摂食障害 | 05:21 AM | comments (x) | trackback (0) |
http://www.ipt-clinic.com/blog/tb.php/276
PAGE TOP ↑

>三田こころの健康クリニック - 摂食障害(過食症・拒食症)の治療 /・対人関係療法 / 心療内科クリニック / 東京港区
■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<前月 2019年04月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■