摂食障害と脳機能
過食(むちゃ食い)や過食嘔吐の治療2』で書いたように
過食症では、前頭前野の機能低下があり、
不快な刺激に対して情動制御困難が生じていますから、
8つの秘訣』や対人関係療法による治療で
自分の気持ちをふり返るようになると
苦しくなったり、過食が増えたりすることもあります。

これは病気が悪くなったということではなく
進歩だということです。
回復への道を進むにつれて、内面の気持ちには気づきやすくなりますが、同時に気持ちがより強く感じられるようにもなります。
それまでずっと覆い隠されていた無数の気持ちともう一度つながろうとするからこそ、回復への未知を歩み始めたばかりの頃は一時的に苦しさが増強しがちなのです。
回復するときには、人生に起き得るさまざまなストレス因子に関連した気持ちを、摂食障害行動を使わずに、また逃げたり覆い隠したりする別の方法も一切使わずに、ありのままに感じる事になります。

摂食障害から回復するための8つの秘訣』星和書店


全文はこちら右 摂食障害と脳機能

| http://www.ipt-clinic.com/blog/index.php?e=233 |
| 摂食障害 | 04:19 AM | comments (x) | trackback (0) |
http://www.ipt-clinic.com/blog/tb.php/233
PAGE TOP ↑

>三田こころの健康クリニック - 摂食障害(過食症・拒食症)の治療 /・対人関係療法 / 心療内科クリニック / 東京港区
■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2019年03月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■